生涯未婚率を上げる非正規雇用。新社会人も行うべきこの対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

生涯未婚率が上昇するのは、そもそも結婚に思考が至らないことが原因

201704052

【生涯未婚率】男性23%、女性14%に急上昇 「皆が結婚する社会こそ異常」と指摘する専門家もという記事がありました。

以上を踏まえれば、非正規雇用者、規模の小さい職場に勤める者、関東以外の地域に住む者は職場で交際相手・結婚相手と出会う機会が少なく、こうした若者が結婚を希望する場合、独力で配偶者を探すのはもちろんのこと、職場以外で配偶者をみつけることができる機会を社会的に増やしていくことも重要であろう。

記事内では、生涯未婚率が上がっている原因について、以上のように他の記事から引用しています。

 

結婚願望があるか無いかというデータの前に、そもそも、結婚出来るだけの条件が揃っているのか?ということが、大前提として存在してしまいます。

そもそも、お金が無ければ生活出来ないので、お金は必須です。

「結婚相手の収入が低くても、貯金がゼロでも構わない」

そう考える人も一部いらっしゃいますが、多くの人は、ある程度の経済力は必要と考えます。

 

一方で、非正規雇用が40%を超える現代。一億総貧困に向かっている現代。

更に、一人で得られる楽しみが無数に存在する現代。

 

自由になるお金が少ない上に、人に関わるという煩わしさが不要な現代では、恋人を作ることに意味を見いださない人が増えるのも納得出来ます。

なので、そもそも”結婚”というものに思考が至らないということが、生涯未婚率を上げている原因だと言えそうです。

 

結婚をするかしないかに関係無く、そもそもお金は必要

ということは、生涯未婚率を下げるためには、生涯未婚にならないようにするためには、そもそも、思考が結婚に至るようになるためになにをする必要があるのかを考え、対策を行う必要があります。

 

思考が結婚に至るようになるための条件として、お金は外せません。

お金があれば、人に会う機会も作ることが出来、心にも余裕が出来るので、結婚の可能性が高まるためです。

(結婚を考えなくても、生活していく上でお金は必須なので、お金を得るということは絶対にするべきことになります)

 

が、非正規雇用で、低収入、ボーナスはわずか、各種手当もわずかという現状を一体どうすれば良いのか?となります。

一度非正規雇用になれば、そこから抜け出すのは難しいとも言われます。となれば、一生低収入のままで、生涯未婚・・・

 

しかしそれは、収入のみに頼るために起こる問題であって、例え少なくても、収入以外にもお金を得る手段を確立することが出来れば、非正規雇用であろうが低収入であろうが、問題無くなります。

ここで、資産運用が出てきます。

 

これからの時代に、資産運用は必須条件。非正規雇用でも問題無い

資産運用は、主に2つの要素があります。

  • 増やす
  • 守る

ですが、ここでは、増やすことを取り上げます。

 

増やす方法は各種ありますが、1つだけでも安定的に増やす手段を得られれば、お金が増えるということを実感出来るようになります。

そうなると、以下のような数字や例も、現実的なものとして考えられるようになります。

 

参考データとして、このブログのコンテンツでもある、私が行っている増やす方法の1つである香港での運用状況を使います。

そのデータを参考に、以下の条件で増やしていった時の結果とグラフが更に下になります。

  • 初期運用額:100万円
  • 平均年利:20%
  • 月々の積立額:1万円

※以下のグラフはクリックで拡大可能です

201704051

非正規雇用でも、月々1万円の積立は可能なはずです。

また、初期運用額:100万円というのが途方も無い数字だと思われるかもしれませんが、これもまた、このブログのコンテンツの1つである年に100万円貯蓄が出来た節約術を元に実践することで、実現可能になります(し、100万円でなくても、50万円でも構いません)

 

グラフを見て分かる通り、毎月たったの1万円を積み立てるだけでも、10~15年後には、纏まった額になります。

それだけあれば、結婚も可能ですし、家を買うことも、出産・育児を考えることも出来ます。

 

社会人になると同時に資産運用を始めることで、非正規雇用でも正社員以上のお金を作り上げ、結婚へと至ることが出来るようになります。

結婚を考えなくても、こうやってお金を作っていくことを経験することで、時間とお金と心に余裕が出来るので、人生に余裕が出来るようになります。

 

資産運用となると、日本ではまだまだ一般的ではなく、新社会人がとなると尚更ではあります。

が、一般的ではないから、考えない・やらないとするのでしょうか?

周りがどうであろうと、それが有効で意味のあるものであれば、やる・やってみると考えるのではないでしょうか?

その結果、なにを手に入れられるのかは、先に挙げた通りです。

 

であれば、新社会人や結婚願望のある人を始め、全ての人に有意義なこの資産運用というものを、一人でも多くの人に伝えたいと思い、私(ブログ管理人:五十嵐)はこのように情報発信を続けていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*