専業主婦は人生が破綻する時代が来る。その原因と対策とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

離婚で専業主婦の人生が終了する

201703031

不倫夫と別れた専業主婦が直面する「貧困」という記事がありました。

現在、渡邊さんは収入ゼロだ。

~中略~

2年前の離婚のとき、旦那からこの自宅と高級車、600万円の養育費を一括でもらっている。

渡邊さんは切り崩す貯金があるので、現在のところ貧困ではない。しかし、完全に破綻した生活環境だ。

上記のように記事内にある通り、離婚したことによって、貧困(予備軍)になってしまう人の話です。

 

この例では、不倫が原因で離婚をし、収入が無くなり、預金を切り崩しながら終わりの時を迎える家族が取り上げられています。

そんな例を見て、「うちの人は不倫なんてしていないし、問題を起こすこともないから大丈夫」といったことを考えたとしたら、待ってください。

要点はそこではありません。

 

不倫とか問題を起こすかどうかといったことではなく、専業主婦が離婚をすることが問題になります。

そして、これからの時代は、離婚をする可能性が上がっていくということが、離婚問題に拍車をかけます。

これからはどんなに仲の良い夫婦でも離婚をする可能性がある

では、どういった場合に離婚するのか?

 

離婚の原因と言えば、今後も一緒にいることなど考えられないくらいの夫婦間の問題になります。

それこそ、参照元の記事にあるような不倫や、性格や生活の不一致。DV。そういったものが挙げられます。一般的に、”離婚”という言葉からイメージ出来るものとして。

 

確かに、離婚の原因というのは、そういったものが多数を占めます。今までは。

ただ、これからの時代は、離婚の原因として、今までには少数だった問題が台頭してきます

そして、その問題は、夫婦の仲の良し悪しとはほとんど関係がありません。

これからの時代は、どんなに仲の良い夫婦でも、この問題が原因で、離婚する可能性が出てきます。

 

その問題とは、お金です。

 

大雑把に言うと、収入が増えず、支出が増えるこれからの時代。

お金に余裕がなくなると、どうするか?どうなるか?

支出を減らそうと考えます。

 

では、支出を減らすためになにをするのか?

食費を削ったりお小遣いを減らしたりしますが、それらでもカバーしきれない場合に、最終的には、人にかかる支出を減らすことになります。

 

子供がいれば、子供のために、夫婦で頑張ろう。

専業主婦でも、パートでもなんでもして、世帯収入を少しでも増やそう。

そのように考え、行動に至ります。

 

ただ、子供がいない夫婦では、離婚の確率が高まります

 

専業主婦は、お金がかかります。そして、お金を生み出しません(と考える人が多いです)

そこで、新しいことを始めるよりもなにかを削る・減らすことの方が、人間心理的には簡単でストレスがかからないので、収入を増やそうとするよりも支出を減らす方がラクとなり、究極的な支出の減少として、離婚となります。

 

旦那さんにとって、収入が増えずに支出が増え、金銭的に生活が苦しくなってくると、なによりも自分自身を守ろうとうするため、支出を減らすための最終手段として離婚という選択をする人が増えてくることになります。

 

そんなことはない!と思われるかもしれません。

ですが、では、もしあなたが一人で家計を支えていて、パートナーが収入ゼロで毎日家に居たらどう思いますか?

 

「少しでも多く収入を増やして、パートナーとの生活をより良くしよう。金銭的により余裕を持てるようにしよう」

そのように思うでしょうか?それとも、

「自分は毎日頑張って働いて給料を貰っているのに、1円も稼がないで毎日家に居て、一体何様なんだ!?」

そのように思うでしょうか?

専業主婦でも少しでも収入を得るか資産を増やすかするべき

と言ったように考えていくと、もしあなたが専業主婦だとしたら、ウカウカしていられないのではないか?との考えに至ることになるはずです。

一家の大黒柱として収入を得ているのが旦那さんであれば、あなたにお金の主導権はありません。

主導権がないということは、受け身ということであり、良い悪いに関係無く、起こったことを受け入れるしかないということです。

参照元の記事の奥様のように成らざるをえないということです。

 

あなたの人生をどうにか出来るのはあなたであり、最終的には誰も救ってくれません。あなた自身がどうにかするしかありません。

何が原因でも構いませんが、もし離婚をすることになったとしたら、その後の人生は一体どうなるでしょうか?誰が面倒を見てくれるでしょうか?

当然のことながら、誰も面倒を見てくれません。あなた自身でどうにかする以外に方法はありません。

 

となれば、離婚をする可能性があるにしろ無いにしろ、常に収入がある状態にするか資産を増やすかした方が良いのではないか?ということにならないでしょうか?

 

とはいえ、参照元の記事のように、旦那さんの希望だったり家の都合だったりで、働きに出ることが出来ない場合もあるかと思います。

とすると、収入は得られないのかというと、そんなことはありません。

資産を増やす事が出来ないのではないかというと、そんなことはありません。

 

このブログのメインであり、私(ブログ管理人:五十嵐)が啓蒙活動をしている、資産運用です。

例えば、香港での運用状況のように、多少のお金があれば、それを良い運用会社にお任せするだけで、自分ではなにもすることなく、この香港での運用状況のようなことが起こりえます。

であれば、専業主婦だろうと寝たきりだろうと、関係ありません。

日本の銀行に預金したら利息がつくのと同じで、運用益が得られます。違うのは、数百倍~数千倍という圧倒的な利率の差です。

 

当然ながら、100%増えるという保証はありません(そんなものがあるとすれば、100%詐欺です)。

ただ、過去の実績から、ある程度の未来予測はすることが出来ます。

そして、可能性が高いと判断出来れば、中長期的に見ると、増えていきます。

(少なくても、私は、この香港の運用会社には大きな信頼があり、実際に応えていただいています)

 

そういったところに、コツコツと貯めたへそくりや生活費の余りを増やしてもらうことで、数百万円とか数千万円といった資産を作り出すことは出来ます。

そこまでの額になると、万が一、離婚ということになっても、金銭的にはなんら不都合も不便もありません。

そして、離婚にならなくても、お金に余裕があるということは、心の余裕にもなり、良いことしかありません。

さらに、あなた自身の人生をあなた自身の思うように生きていくことが出来ます。

お子さんがいらっしゃれば、尚更のことです。

 

であれば、あなたはどうしますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*