お金と投資の教育が家庭で出来れば格差は縮まり人生が豊かになる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

あなたの子供たちに、投資について教えることが出来ますか?

スマホで投資の時代 高校生のためのマネー講座というニュースがありました。

家計簿アプリを手がけるベンチャー企業「マネーフォワード」が、高校2年生にお金の授業を行いました。「18歳からのマネーフォワード」と題した授業は、実際にアプリを使って家計簿をつけたり投資の考え方などを2日間で教えます。選挙権が18歳になり、成人年齢を引き下げようという議論もあるなか、お金については学習指導要領でも時間が割けていないことが取り組みの背景にあるといいます。

ご存知の通り、日本では、お金についての教育がありません。

なので、お金とはなにか?に始まり、お金の稼ぎ方・使い方・増やし方・守り方といったことについて、基本的な考えも持たず、知識や考えや経験は、育つ環境に大きく左右されます。

なので、社会に出てから、個々人がそれぞれ、お金について学び、経験していくことになります。

その結果、稼いだものを、増やし守る人とそうでない人に分かれ、格差の拡大に大きく影響してしまっています。

そういったことの是正のために、民間企業が学校でお金の授業を行うことで、子供たちにお金についての基礎的な力を付けさせていく、ということなのだと思います。

 

例えば、親が労働収入のみで、生活費以外の余剰金は全て預金していると、その子供も、

  • 稼ぐ=労働収入
  • 増やす=預金
  • 守る=預金

となるのではないかと思います。

一方、お金についての知識・経験のある親の子供は、

  • 稼ぐ=労働収入、不労収入
  • 増やす=預金、投資
  • 守る=預金、他の金融資産、不動産、その他

となるのではないかと思います。

 

それぞれの子供たちにとっての”当たり前”が全く違うものになってしまうので、仮に、どちらの子供も生涯の稼ぎが同額だったとしても、お金についての知識・経験がある親の子供の方が、稼いだお金を増やし・守ることが出来る分だけ、何倍・何十倍のお金を使うことが出来るようになるのではないでしょうか。

 

つまり、あなたがあなたの子供たちに、お金や投資、資産運用について教えることが出来るかどうかが、子供たちの人生を大きく左右しかねないということになります。

子供たちのためだけではない。そもそもあなたのため

あなたがあなたの子供たちにお金の知識・経験を幅広く伝えることが出来ることは、子供たちのためだけではありません。

そもそも、あなた自身の人生も、少なからず変わってきます。

 

この世の中は貨幣経済なので、お金が根幹にあるということになります。
つまり、お金を制することが出来れば、ある程度のことはどうにでもなる。
逆に言うと、お金がどうにもならないと、大抵のことはどうにもなりません。
金の切れ目が縁の切れ目という言葉もあるくらいですから。

また、某マンガのセリフで、

金が全てじゃねぇが、全てに金が必要だ

という、核心を突いた一言があります。
全くその通りだと思います。

 

お金を追い求めたところで、幸せが待っているわけではありません。
ですが、お金は人生を左右します。

であれば、お金について、知識も経験も無いというのは、恐ろしいことだと思いませんか?

 

確かに、今までの時代は、高度経済成長~バブル景気と、右肩上がりの給料を金利5~10%で預金しておくだけで勝手に増えていったので、お金についての知識・経験が無くても問題はありませんでした。

でも、今、そしてこれからの時代は、全く逆と言っても言い過ぎではないと思います。

 

人口問題や格差等々で、日本の経済の成長は、頭打ちどころか、衰退し始めています。
預金金利もほぼゼロです。

なので、今までの時代には無くても問題無かった、お金についての力をつけていく必要が出てきました。

 

  • 周りの人たちがやっていないから
  • 現状、特別困っていないから
  • きっとどうにかなるから

という理由であなたはなにも行動を起こさないのだとしたら、逆に考えてみてはどうかと思います。

周りの人たちがやり始めてからで、特別困り始めてからで、どうにかならなくなってからで、遅くないのか?と。

地震や津波に始まる災害等と同じで、起きてから対応しようとしても、時既に遅しなことは少なくありません。
なので、余裕のある内に、みんなが騒ぎ出す前に、行動を起こすべきではないでしょうか。

お金について積極的になると人生が変わる

そもそも、やればやるだけ知識や経験が身についていく、仕事以上に人生を左右する事柄なので、お金についての勉強をしたり投資をしたりといったことを、積極的にやるべきではないのか?と思います。

私(ブログ管理人:五十嵐)はそう思い至り、サラリーマン時代に、積極的にお金の勉強や投資、資産運用をし始めました。

その結果が、現状です。
サラリーマンを辞め、生まれてくる2人目の子供を妊娠している妻と、元気な3歳の息子の面倒を毎日見つつ、自分と家族の人生のために資産を増やしている日々です。

子供たちには、自分が得たお金の知識や経験を伝え、お金について困らずにやりたいことをやれる環境づくりをしていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*