お金は命に直結するからこそ勉強することで苦しまない人生になる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お金に無知で無計画な人は生きていけない

老後に「お金で苦しむ人、苦しまない人」の差 現役時の特徴は?という記事がありました。

老後破産しそうな人の12の特徴と、老後うまくいく人の7の特徴をそれぞれ挙げています。

 

老後破産しそうな人の12の特徴の多くは、老後破産に限らず、常識的に、生きていくことが困難である条件として考えられるものです。

  1. 老後のことを全く考えていない
  2. 貯蓄がない、またはできない
  3. 勤務している会社に退職金や企業年金がない

といったことは、

「そもそもダメでしょそれは笑」

ですよね。

 

生きていくことに興味が無いか、どうでもいいと思っているか、限界の生活をしているか。

老後のことを考える以前の問題なので、先ずは、現状を変える努力をするところからのスタートになります。

 

一方、老後うまくいく人の7の特徴は、いずれも、お金についての考え方になります。

 

お金が無いと生きていけないのにも関わらず

当然のことながら、お金は生きていくための絶対条件になります。

(次点が健康)

なのにも関わらず、お金のことを考えずに生きていけると誰が考えるでしょうか?

 

私たちは、死なないために、幼少期から多くのことを学びます。

  • 健康の維持に努めること
  • 防寒はしっかりすること
  • 車道に飛び出してはいけない
  • 刃物を使う時は気をつけること
  • スカイダイビングを単独で行う場合はライセンスが必要

命に直結しないことから、ちょっとした怪我になりそうなことから、一瞬で命を失いかねないことまで、大小様々、日々、学びます。

それは、それだけ、死というものが重大なもので、極力避けるべきことだからです。

なのにも関わらず、その命の次に重要で必要なお金について、一体どれだけのことを学んできたでしょうか?

 

お金の勉強をすれば

  • お金の使い方
  • お金の増やし方
  • お金の守り方

を知ることが出来、そこに行動が伴えば

  • 老後破産
  • 下流老人
  • 介護破産
  • ワーキングプア
  • 奨学金地獄
  • 子どもの貧困
  • 消費税増税
  • etc…

といった、現在の、お金に直結する社会問題に悩んでいる多くの人たちが救われます。

 

 

道路に飛び出してはいけないと教わらなければ、現在よりも遥かに多くの交通事故が起き、多くの子供たちが亡くなっているはずです。

それが、成長過程で、道路に飛び出すことの危険性と回避方法を教わることで、交通事故数が少なく、亡くなる子供たちは少なく済んでいます。

であれば、同じように、命に直結するお金。その稼ぎ方・増やし方・守り方を教わることで、お金の問題で困る人が今よりも少なくなり、救われる人が増えるのですから、お金の教育はするべきということになりませんか?

 

お金の問題が解決されると、お金で国民をコントロール出来なくなります。

なので、意図的に、教育でお金の勉強をさせず、お金を不足させることで、お金で国民をコントロール出来る状況を作り出している・・・と考えるのは邪推かもしれません。

 

ともあれ、お金の勉強をし行動を伴わせることで、あなたの人生に余裕が出来、取れる選択肢が増え、多くの問題が解決されるのであれば、あなたはどうしますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*