日本人の多くは資産形成出来ない。投資も資産運用も失敗する。その原因は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

資産形成なんて出来るはずがない

資産形成は進んでいるか-全国消費実態調査からみる家計貯蓄の変化:研究員の眼という、ニッセイ基礎研究所が書いた記事がありました。

多くの勤労者世帯では消費を控えつつ、生活防衛の手段として資産形成に資金を振り向けようとしているものの、貯蓄残高の面からは必ずしも順調に資産形成を進められているとはいえない状況のようである。

いろいろとデータを出しつつ辿り着いた結論は、消費を控えているが資産形成はしていない、ということのようです。

消費を控えているのは当然のことだと思います。

お金については不安しかないような現代。

  • そもそも給料が不十分
  • その上、給料が増えていきそうな明るい見通しが立たない
  • 税金は今後も増えていく可能性がある
  • 年金の不安

といった長期に渡った不安ばかりがあれば、多少給料が良くなろうが、一時的にまとまった収入があろうが、少しでも蓄えておくために消費を少しでも減らす。そう考えるのが妥当で自然です。

  • 長期的に好景気が続きそう
  • 急激に給料が増えたり、収入と支出のバランスが変わった
  • お金が増える、効率的な資産運用が出来る

といったようなことでもなければ、消費減&貯蓄 の傾向は変わるはずもありません。

といっても、好景気や急激な給料アップはこれからの日本では期待薄というかほぼ実現不可能と多くの人が考えています。

 

また、増税についていえば、消費税は10%で終わることは無く更にその後に増税の可能性があるでしょうし、国の借金が1000兆円以上あることを考えると、あれやこれやと新税・増税に・・・ならないと考える方が難しいことです。

 

そして、記事にも以下のようにありますが、

効率的な資産形成には、ある程度リスクをとった資産運用が不可欠ではあるものの、多くの家計では積極的にリスクをとった運用には踏み出せていない。

慣れてもいない、知識も経験も無い、増える話も怪しいし、失う話も聞き騙される話も聞く資産運用なんて、一体誰がリスクを取って行うのか???個々人がゼロからスタートして、一体どれだけの結果が出せるのか???といった現状だと思います。

金融機関はあてになるのか?ならないのか?

こうした状況を変えていくためには、金融機関側からの積極的な情報提供を通じて消費者の金融リテラシーの向上を図り、リスク商品への投資に対する抵抗感を払拭していくことが肝要といえるだろう。

というように記事は続きますが、果たしてそうでしょうか?

仮に、金融機関に、消費者の金融リテラシーの向上が出来、結果の出る(つまり、プラスになる)金融商品を情報提供が出来るのだとしたら、そもそも、金融機関の職員の多くが・・・わかりやすく言うと、お金について詳しくて、お金持ちになっているはずです。

金融機関の職員に富裕層(純金融資産が1億円以上)がいても、おかしくはないのではないでしょうか

でも、金融機関の職員が、どの程度、また、どんな資産運用をしているのかというと・・・

 

例えば、「銀行 職員 資産運用」で検索してみたところ、

といったような検索結果が出てきます。

となると、金融機関の職員がどんな資産運用をしているのかどうかよりも、そもそも、金融機関に相談に行くのは正しいのか?間違っているのか?というところから考える必要がありそうです。

また、情報を求めたり相談したりする相手は、金融機関の職員ではない方が、公平な立場で応じてくれるのではないでしょうか。

これは、資産運用に限ったことではなく、多くのことに当てはまるのではないかと思います。

 

私個人に限ったことで言えば、親戚の銀行マン・元銀行マンよりも、知り合いの事業家・投資家の方が、ずっとお金持ち(富裕層以上)ですし、国内外の資産運用について、知識や情報や経験があります

なので私は、そういった方々から情報をいただいて、資産運用をしたり、勉強をしたりしてきました。

そういった資産運用の状況の1つを、現在、このブログで公開中です。

資産形成は出来る。より良い情報を得て、リスクを取ることが出来れば

資産形成なんて出来るはずがない。

この記事の冒頭では、そう書きました。

ですがそれは、資産形成の方法を知らないから出来ないだけのことです。

 

どんなことでもそうですが、やったことが無いことややり方を知らないことは、出来ません。

また、やり方だけを知っていても、実践者や先輩がいなければ、その通りやっても出来るのかどうかはわかりません。

作ったことのないレシピを見て料理をしても、見本写真と同じものが作れるとは限らないのと一緒です。
(レシピが複雑であればあるほど、出来上がるものは、見本写真とは程遠くなる可能性が高くなります)

ですが、良いレシピがあって、既にそれを実現させている人がいて、同じようにやれば、同じように出来ます。

それと同じように、資産形成も、良い資産形成の方法があって、既に実践・実現している人がいて、その人と同じようにやれば・・・

未来は未知数であり絶対ではありませんが、資産形成を成功させる可能性は、高くなるはずです。

 

なんにしろ、消費を控えて貯蓄をしても、資産形成をしないことには、先々成り立たなくなることは分かりきっているはずです。

であれば、少しでも早く、良いレシピと、その実現者を見つけ出して、一緒に同じようにやるべきではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*