日本は裕福ではない。世界においていかれ貧乏になる前に取るべき対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日本は大したことはないという現実を知るべき

「1人あたり」は最低な日本経済の悲しい現実という記事がありました。

日本は「GDP世界第3位」の経済大国である
→ 1人あたりGDPは先進国最下位(世界第27位)
日本は「輸出額世界第4位」の輸出大国である
→ 1人あたり輸出額は世界第44位
日本は「製造業生産額世界第2位」のものづくり大国である
→ 1人あたり製造業生産額はG7平均以下
日本は「研究開発費世界第3位」の科学技術大国である
→ 1人あたり研究開発費は世界第10位
日本は「ノーベル賞受賞者数世界第7位」の文化大国である
→ 1人あたりノーベル賞受賞者数は世界第39位
日本は「夏季五輪メダル獲得数世界第11位」のスポーツ大国である
→ 1人あたりメダル獲得数は世界第50位
記事内には、上記のように、日本の「1人あたり」についていろいろなデータが記載されています。

記事内にもありますが、要するに、日本は人口が多い(労働力が多い)から大きな結果が出ているだけということです。

  1. 1年間の売上が1000万円(だけど、社員は1万人いて、一人あたり年間1000円しか売り上げていない)
  2. 1年間の売上が100万円(だけど、社員は10人で、一人あたり年間10万円売り上げている)

のどちらの会社の方が、社員一人ひとりが優秀で、今後、その会社が伸びていきそうかと言えば・・・間違い無く2.の方ですよね。

そして、日本は、1.の方、という現実があります。

 

ということは、日本の人口は減っていくと言われている今後、日本の経済力・国際競争力はどうなるかと言うと・・・

人口減少と同時に下がっていく上に、他国の経済力・国際競争力が上がっていくので、加速度的に日本の地位は下がっていく、ということになります。

※参考資料です

もちろん、なにを基準にランキングづけするのか?1つのランキングが低いからダメなのか?そもそも、ランキングに意味があるのか?等々、人によって意見は様々ですし、ランキングと幸福度や一人ひとりの人生が直結するわけでもありません。

とはいえ、一つだけ言えるのは、現状の日本がこれからも続いていくということは無い、ということです。

楽観視せずに、余裕のある今のうちに対策をしておく

もちろん、人口減少により労働力が減ると言っても、外国人を受け入れたり、AI化・ロボット化を進めることで、GDPの減少を食い止めるどころか、伸びていく可能性もあります。

そうすれば、輸出額の維持・増加もありえ、開発や技術革新さえしていくことが出来れば、日本の国際的な地位は維持出来るかもしれません。

が、しかし、労働力として外国人を受け入れるということは、日本人が外国人と競争する場面が出てくるということであり、AI化・ロボット化が進むということは、労働力としての日本人は必要なくなってくるということです。

となると、日本人一人平均の賃金・収入はどうなるかというと、減る、と考えるのが妥当だと思いませんか?

 

開発・技術の進化等、重要なポジションにつく人は、当然、給料は多いと思います。

が、それ以外は、給料が減ることになります。

そもそも、ITによって、既に消えていっている仕事や今後消えていくであろう仕事が発表されています。

ということは、給料が減るどころか、仕事に就くことさえ満足に出来ない・・・かもしれないです。

 

もう、こういった情報がある時点で、現状の社会を維持することは不可能だと分かっています。

現状の社会を維持することが不可能ということは、今までと同じことをしていては、今の生活を維持することは出来ないということです。

 

そもそも、今までと同じように、就職して給料を得て生活ということが出来なくなっていくかもしれない。

でも、時代の変化は間違い無くやってくるから、とりあえず、時代の変化に合わせていく必要がある。

その時、その時代の変化に対応出来ない人は???

 

便利さ、快適さは、今よりもより良いものになるであろうこれからの時代。

でも、そもそも、生活の基盤になる収入を満足に得られなければ、生活自体が出来ない。

 

人口減少により経済力や国際競争力が下がり、AI化・ロボット化により労働力としての人は段々不要になっていき、収入が減っていく。

そんな、大きな変化が訪れるかもしれないこれからの時代を、なんの準備もなく、ただ迎えるだけで大丈夫だと思いますか?

対策は2つだけれど

これからの時代を迎えるにあたってなんの準備もしないというのは、津波が来ているのに避難をしないことと同じです。

大地震が来ることがわかっているのに、避難準備をしないことと同じです。

とすれば、これからの時代を迎えるに当たっての準備として、なにが出来るのか?というと

  • お金を稼ぐ力をつける
  • お金を増やす・守る力をつける

この2つです。

 

今後も貨幣経済・資本主義が続くとすれば、お金を稼ぐが増やすかの2択しかありません。

が、お金を稼ぐ力をつけるというのは、並大抵のことではありません。

 

そもそも、仕事が減っていくこれからの時代。

今後も残る仕事、今後新たに出来る仕事を、慎重に見極め、選択しないと、稼げなくなってしまいます。

しかも、仮に、今後も残る仕事の選択が正しかったとしても、競争が激しく、全員がその仕事に就けるわけでもないので、競争に負けた場合は・・・

 

となると、例え仕事に就けなくてもお金に困らなくなれば良いと考えれば、お金を増やす・守る力をつけることの方が、稼ぐ力をつけるよりも簡単で、競争も不要で、どんな時代になっても対応出来、今すぐに出来ることです。

 

お金を増やす・守るということは、言葉を変えると、資産運用です。

なので、私(ブログ管理人:五十嵐)は、資産運用の重要性・必然性を伝えるための活動をしていますし、実績の1つを公開もしています

 

是非、私の実績や、考え、想い、このブログに書いていることを、見て、これからの時代への準備・対策として、資産運用という手段を一考してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*