日本の年金が破綻するかしないかではない。最重要ポイントはココ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

年金が破綻するかどうかが大事なの?

大人は正しく年金理解「破綻論」は卒業しようという記事がありました。

いろいろ考え合わせてみると、年金制度が破綻するのは日本という国家体制も破綻したときだと思います。それこそマンガ「北斗の拳」のような世界になれば年金制度は破綻するでしょうが、そういう空想はやはり空想でしかありません。

記事内では、上記のように結論づけていますが、さて、どうでしょうか。

 

年金の崩壊・破綻というのは、多くの人がそれぞれの考えを述べています。

が、それらのどれもが、年金制度が崩壊・破綻するかどうかということばかり述べていて、肝心なところが抜けています

果たして、なにをもって、”年金の破綻”とするのでしょうか?

また、年金が破綻するかどうかが大事なのでしょうか?

なにをもって年金の破綻とするのか

まず、なにをもって年金の破綻とするのか。

これが、年金破綻について述べている方々それぞれによって違っているため、比較することが出来ません。それぞれの意見が、正しいのか間違っているのかの統一が出来ません。

破綻=年金システムの終了

破綻=年金システムの終了ということであれば、破綻はしないでしょう。

 

人口バランスが変わり、当初考えられていた、年金システムを余裕を持って実施する環境ではなくなった現在。

年金保険料の支払額は増え、支給額は減り、支給開始年齢は上がり続けてきましたし、これからも続いていくことは間違いありません。

それでも、年金システムは終了しないでしょう。

 

年金によって生活が出来る人たちがいる以上、年金システムを終了させてはいけません。

もし、現状で年金システムが終了してしまったら、年金受給者の多くは生活保護を受けることになってしまいます。

生活保護と年金は財源が全く異なり、生活保護は全額税金なので、国の歳出が一気に増え・・・

国の財政的にも、年金システムを終了させるわけにはいきません。

 

なので、年金保険料の支払いが更に増えて労働人口の支出が増え、支給額が減り年金だけでの生活が増々苦しくなり、本当に必要な人にのみ支給するよう支給開始年齢を上げながらも、年金システムは細く長く維持されていくこととになると思います。

もしくは、年金システムに代わる、現状とこれからの時代に適した新たなシステムに切り替わるかもしれません。
(それが、ベーシックインカムかどうかはわかりませんが)

破綻=年金システムの現状維持が出来ない

現状でも年金だけで生活出来ない人がある程度いますが、まだ、そこまで大きな社会問題にはなっていません。
(下流老人、老後破産といった問題はありますが、年金だけでの日常生活をおくれるかどうかとはまた違った問題もいろいろと含まれているためです)

が、今後の人口問題等により、

  • 年金保険料の支払い額の増加
  • 年金支給額の減少
  • 年金支給開始年齢の上昇

が続いていくことで、年金だけで生活出来る人が減少していきます。

65歳になっても70歳になっても、年金がまだ支給されない、もしくは、支給される年金だけでは生活出来ない人が増えていきます。

つまり、年金システムの現状が維持出来ないわけです。

 

日本人男性の平均寿命が約80歳。

なのに、じきに、年金支給開始年齢は、65歳から70歳に変更になるでしょう(そういった話が国で考えられているという情報は出ています)

70歳まで働いて、平均寿命までの残り10年を年金だけで生活・・・出来るだけ十分に支給されるでしょうか?

 

こういったことを、人によっては破綻というのでしょう(私も、この状態を破綻だと考えています)。

年金が破綻するかどうかが大事なわけではない

さて、なにをもって年金の破綻とするのか?について、述べている方々それぞれの考えを書いてきましたが、果たして、破綻の意味が大事なのでしょうか?

破綻の定義が統一・明確化されたからといって、なにがどうなるわけでもありません。

 

大事なのは、最重要ポイントは、死ぬまでの安定・安心した生活が保障されていることです。

 

年金が破綻しなかろうが、死ぬまでの安定・安心した生活が保障されていなければ意味は無く、年金が破綻しようが、死ぬまでの安定・安心した生活が保障されていれば問題ありません。

現代は貨幣経済なので、生活出来るだけのお金があれば、生きていくことは可能です。

であれば、死ぬまで生活費を確保出来さえすれば、生きていくことが出来ます。

 

年金が支給されるようになると、生活費が安定して入ってくるようになるので、働くことを辞めることも出来るし、支給額の範囲内で、自由に生活することが出来ます。

逆に言うと、定年までに生活費が安定して入ってくる環境を作り出すことが出来れば、定年を自分自身で決めることが出来、年金が支給されるようにならないと働くことをやめられない・安心した生活がおくれないといった問題から解放されるようになるわけです。

年金に頼らない環境を作る

一国民が、どれだけ努力をしても、年金制度について、口を挟むことも変更をすることも出来ません。実現不可能です。

でも、年金に代わるものを用意することは、努力次第でどうにでもなります。実現可能です。

であれば、どちらを選択するかと言えば、答えは明らかです。

 

では、年金に代わるものを用意するということはどういうことなのか?になりますが。

年金=働かずに得られる収入 なので、不労収入という言葉が当てはまります。

では、不労収入にはどういったものがあるかというと、

  • 預金の利息
  • 債権の利息
  • 株の配当
  • 不動産の賃貸
  • 権利収入
  • etc…

いわゆる、投資や資産運用と言われるものが主なものになります。

預金の利息が一番簡単で誰にでもすぐに得られるものですが、日本の預金金利は限りなくゼロに近いので無理です。
(海外では、5%や10%といったところがあるので、そういったところに預金すれば増えます)

その他の手段は、不労収入を得られるようになるまでには、知識や経験、モノによっては人の繋がりが必要になります。

ですが、どう頑張っても一国民が改善も変更も出来ない、どうにもならない年金に頼るよりは、ずっと可能性がありますし、知識を増やし、経験を積んでいくことで、安定した不労収入を得られるようになっていきます。

安定した資産運用となれば、国内でどうにかしようとするよりも、海外の方がずっと良いです。
(例として、私が公開している香港での運用状況をご覧ください)

 

こういった話は、一般的には非常識かもしれません。

ですが、年金に依存しない人たちは確かに存在していて、年金と同等、もしくはそれ以上の、不労収入を得られる手段を持っている人たちも存在します。

であれば、「そんなことは、一部の人たちだけの特別なことだから・・・」といったように、よく知らないまま諦めたり投げ出したりせず、どうにかしてみようと、そんな人たちに、声をかけたり探したり、情報を得ようとしたりと、少しでも行動した方が良いとは思いませんか?

 

依存先になにが起きようが、全てを受け入れて、例え、辛く苦しい環境でも食いしばって生きていくのか。

他に依存せず、より良い環境を自分自身で作ろうと努力をするのか。

どちらが良いと考えるのでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*