IDeCoやNISAによる資産運用で増えると思ったら大間違い!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

誰でも資産運用を始められる環境がドンドン整いつつある?

公務員夫婦なら株式投信100% リスク取り老後安泰という記事がありました。

IDeCo、(積立)NISAと、非課税・節税をメリットとして前面に押し出すことで、国内での資産運用で結果を出しやすい環境が整えられ、また、誰でも気軽に、資産運用を始めたり慣れたりする環境が出来てきています。

国が、「預金から投資へ」と国民に促している活動の大きな部分ですね。

 

が、果たして、これは良い流れなのでしょうか?

 

資産運用は日本国内だけで行うもの?

IDeCo、(積立)NISA共に、運用先が限定されています。

口座を開設した金融機関から購入・取引出来る金融商品でしか、運用出来ません。

ということは、その中に良い金融商品があれば良いですけれど、無い場合、運用益を得られないどころか、マイナスになることさえ珍しくないということになります。

 

「増えなくてもいい。節税になるから良い。それだけで十分」

ということであれば、全然増えない預貯金でも良いのでしょうけれど、少しでも増えたら・・・と考えるのであれば、

  • 運用益
  • 非課税・節税

という部分は、全く別として考える必要があります。

 

運用益を得ることを目的としてIDeCoや(積立)NISAを考えているのだとしたら、口座開設を考えている金融機関から購入・取引出来る金融商品の中に、例えば、私(ブログ管理人:五十嵐)がこのブログで公開している香港での運用状況のような、非常に効率の良い・運用益の出るものがあるのかどうかを、先ず、調べるべきだと思います。

まず見つからないと思いますが・・・

 

金融商品は、世界中に存在します。日本で購入・取引出来る金融商品は、世界中にあるもののほんの一部でしかありません。

また、日本は(例えば、香港やシンガポールのような)金融国家ではなく、経済成長が低調なため、資産を増やしたい場合には、日本は適しません。

もし、日本が資産を増やすのに適した国であれば、世界中の多くのお金が日本に集まり、日本には金融都市が存在するはずであり、私たちはそういった情報を得られているはずです。が、現実は、そうではありません。

資産を増やしたい場合には、それに適した国・都市が存在し、「金融都市」「金融立国」といったキーワードで検索すれば、情報がたくさん見つかります。

 

であれば、あなたは、資産運用を、日本国内でのみ行いたいと考えますか?

 

もちろん、国内にいても、外国株を売買したり、日本で売られている投資信託を通して海外の金融商品に投資することは可能です。

外国株については問題ありませんが、投資信託を通して海外の金融商品に投資をするのはいかがなものかと思います。

日本の投資信託の批判とも取れてしまうので詳細には書きませんが、、、投資信託を介さずに直接海外の金融商品に投資が出来れば、その分、運用益は多くなります。

 

資産運用をするならば、良く調べること。良い情報を得ること

用意された・与えられた環境を使うということは、そのルールに従うということです。

IDeCoや(積立)NISAを使うということは、それはそれでメリットはある反面、多くのデメリットがあることを、良く知るべきです。

特に、デメリットについては、一般的に知られている・調べればわかる以上に多くのものがあります。

 

節税なら節税。増やすなら増やす。

それぞれの目的に合わせて、手段を慎重に選ぶべきです。

 

増やすことを目的とするのであれば、日本国内は適しません(増える話は少ないというだけであって、全く増えないということではありません)

 

以上を踏まえて、あなたは、どこ(国)で、どのように、資産運用をしていきますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*