非正規雇用やワーキングプアにあなたもなる日が来る。驚愕の数字

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

サラリーマン3人に1人が非正規、4人に1人がワーキングプア――残酷な世界で勝ち残る人の考え方

国税庁によれば、現在、年収200万円以下のワーキングプアと言われる人たちは日本で1,131万人いるという。

非正規やワーキングプアの立場に甘んじることなく、別の生き方を模索するためにも、まずは日本の現状について学んでいこう。

 

サラリーマンの3人に1人が非正規雇用というのは周知の事実。

しかし、年収200万円以下のワーキングプアが1,131万人(日本の人口の1/10)。

そしてそれは、サラリーマンの4人に1人という数字は、果たしてどれだけの人が知っているでしょうか?

年々悪くなっていく・生きにくくなっていく日本社会で、どのように生きていけば良いのでしょうか。。。

 

それでも中流だと信じる人たち

1958年(昭和33年)の第1回「国民生活に関する世論調査」(内閣府)で自分の生活を「中流」とした人は実に70%を超えている。

平成28年度の同調査で「中流」と答えた人の割合は、なんと92%強におよぶ。

 

一人当たりの名目GDPは、2015年、OECD加盟国中20位で日本は中国に抜かれ

健康保険料は、例えば1996年(平成8年)8.20%だったのに、2016年(平成28年)には11.65%と、40%以上の増加率である。

社会保険料(厚生年金保険、健康保険、介護保険、雇用保険)の従業員負担率を見ると、1989年(平成元年)4月、8.95%だったものが、2014年(平成26年)4月には14.92%まで上昇している。

また、租税負担と社会保障負担を合計したものが、その年の国民所得(国民の収入や企業の利益の合計額)に対してどれだけの割合を示すか、という国民負担率について見ると、高度成長真っただ中の1970年(昭和45年)24.3%だったものが、2016年(平成28年)には、43.9%と20ポイント近く高くなっている。

 

サラリーマンへの負担が、この20~30年で猛烈に増えている。

記事内にあるデータの一つ一つが、

「サラリーマンはドンドン取られる一方だよ!これから一層増えていくよ!」

と言っているようにしか思えません。

 

そして、そのサラリーマンは、収入は減りワーキングプアが増え、非正規が増え、今後は消費税が増え、老後の不安が増え・・・。

「サラリーマンなんてやっていたら、満足に生きていくことさえ出来ないよ!」

ということが明白だと思わない人は、果たしてどこかにいるのでしょうか?

 

それでも、それでも、それでも、サラリーマンである自身を「中流」だと信じ、日々を過ごしていく。

いや、「信じ」ではないのかも知れません。

分かっているのだけれど、認めたくないだけなのかもしれません。。。

 

最悪の事態を考え、行動すること

認めないところで、現実は変わらないので、後々に回すツケが大きくなっていくだけ。

3人に1人の非正規雇用が、そのうち、2人に1人になり・・・

4人に1人のワーキングプアが、そのうち、3人に1人になり・・・

 

いつかは自分も非正規雇用。いつかは自分もワーキングプア。

そんな不安を抱きながら過ごす日々は、一体どんなものでしょうか・・・

 

未来は誰にもわかりません。

今後、日本社会は改善していき、非正規雇用もワーキングプアも減るかもしれません。

文字通り「中流」が増えるかも知れません。

(今までの流れからいって、そうなることは望み薄どころかゼロにも等しいと思いますが)

 

ただ、楽観視して、最悪の事態になったとしたら、どうしますか?

少なくても、現状よりも悪化したらどうしますか?

そうなったときのことを考え、対策・行動をする。

 

そうならなかったら儲けもの。そうなったら、対策をしておいて良かったね。

どちらに転んでも良いことしかないのであれば、対策をするべきなのではないか?と思うのは、私(ブログ管理人:五十嵐)だけでしょうか?

 

逆に、問いかけたいと思います。

「あなたは、なぜ、対策をしないのですか?行動を起こさないのですか?しないことがあなたにとって、なにかしらのプラスになるのでしょうか?」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*