カジノ・ギャンブル・宝くじ等よりも確実性の高いお金を増やす方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

カジノが日本国内に設立される日が来るのか?

カジノ法案が今回の国会で成立するのかどうか、話題になっています。

成立すれば、日本国内にもカジノが設立されて、東京オリンピックに向けての盛り上がりのひとつになるのかもしれません。

 

「カジノが設立されることになると、ギャンブル依存症が更に増え・・・」

「いや、そもそも、既存のギャンブルや、数十兆円の市場があるダントツのパチンコが問題で・・・」

といった話がいろいろとありますが、個人的な考えは、やはり、

「それらのお金の数%でも、資産運用に回れば・・・」

となるのです。

ギャンブルの胴元はお客さんのお金を奪うのが仕事

パチンコホールの売上推移を見てみると、毎年20兆円以上になります。

その他(競馬、競輪、競艇、宝くじ・・・)を合わせると、30兆円以上になると言われています。

 

世界最大のカジノ都市:マカオの売上が300億ドル以上(3兆円前後)というデータがあるので、日本は、パチンコだけでも世界最大のカジノ都市の約7倍。その他も含めると、10倍以上の売上となります。

そんな日本なので、カジノが解禁になると、一体どれだけのお金が動くことになるのでしょうか。

既存のギャンブルから人が流れるだけなのか、より多くの人とお金が、ギャンブル・カジノに流れてくるのか。

 

いずれにしろ、ギャンブル(カジノや既存のギャンブルも全てまとめてしまいます)でお金を安定して増やすことは難しく、多かれ少なかれ失う人の割合の方が大きいものなので、やっぱり、ギャンブルは遊びの域を出ないということになります。

 

仮に、ギャンブルを、お金を失うことを前提として、お金のかかるただの遊びとして考えている人がほとんどであれば、ショーやコンサート等々と同類とも言えるので、問題は無いと言えます。

ただ、お金を増やしたい・一発当てたいと言ったように、稼ぎの手段・収入を得る手段と考えている人が多いということであれば、こんなにも超ハイリスク・超ローリターンな、質が極めて悪い投資商品はありません。

 

競馬、競輪、競艇等であれば、大抵のパターンが、予想が外れたらゼロ(その分、当たった時のリターンは大きい)

宝くじは、10枚連番で買えば1枚必ず当たり、100枚連番で買えば、下1桁が一致の10枚と、下2桁が一致の1枚はあたりますが、その他は、1%未満の当選確率です。

パチンコも、競馬等と同じように、当たるも当たらないも運次第(ある程度のデータから推測は出来ますが、最終的にはコンピュータ制御なので)

ということで、年利○○%とは全く言えないほど不安定で、基本的に、失うこととその額の方が圧倒的に高いものです。

言い方を変えると、負けて当たり前。負けるためにギャンブルをしていることになります。

 

それもそのはず。ギャンブルの胴元は、当然、利益を出すことを考えます。

そして、その利益の元は、お客さんのお金です。

つまり、お客さんのお金を、どうやって自分(胴元)の懐に入れようか?を考えているわけです。

この考えが、運用会社と全く違うところです。

カジノ・ギャンブル・宝くじ等に流れるお金の一部でも資産運用に回れば

ギャンブルの胴元と真逆で、運用会社は、お客さんのお金をどれだけ増やすことが出来るかを考えています。

お客さんのお金が増える=運用会社の信用が上がり、取引額が多くなるので手数料等も増えるためです。

 

運用会社とギャンブルの胴元は、

  • 運用会社=お客さんのお金が増えると嬉しい
  • ギャンブルの胴元=お客さんのお金が減ると嬉しい

極端に書くと、このようになります。

 

であれば、お金を増やしたいと考えた場合は、運用とギャンブルのどちらの手段を選ぶべきかと問われれば、、、答えは決まっていることと思います。

 

仮に、日本のギャンブル市場の売上30兆円のうち、1割の3兆円が、運用会社に運用されて、平均年利10%で増えるとします。

とすると、毎年3000億円の運用益。

全てギャンブルに使っていればいつかは負けて失っていたお金が、運用益という利息を生むことになります。

 

利息がついたら、その利息でギャンブルをして、元金を減らさないように努める。

そうすれば、ギャンブルにお金を使ってしまって生活が苦しくなる等、ギャンブルによって生まれる問題が無くなったり緩和されたりすることが予想されます。

 

お金は、可能な限り、増やして増えた分のみを使うようにするが鉄則なので、ギャンブルをやる人たちに、是非、お金を増やすことをしっていただきたいと思っています。

鉄則を守れば、元金は減らないのに、いつまでもお金を使い続けることが出来るようになります。

これは、とても素晴らしいことではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*