Bitcoinの定期預金が登場。円やドルよりも超高利率。資産運用足り得るか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

暗号(仮想)通貨が円に代わる日が来るか!?

ビットコインの「定期預金」登場 金利は1年で5%というニュースがありました。

定期預金を申し込んだ場合の預入期間と年利は、14日間で1%、30日間で2%、90日間で3%、1年間で5%――の4種類。利息はビットコインの返却時に、顧客の口座に一括で付与される。

Bitcoinの定期預金の詳細は、記事内にあるように上記の通りです。

 

暗号(仮想)通貨の定期預金が、遂に始まりました。

しかも、かなりの利率になります。

短期の定期預金があるのは、非常に好感が持てます。

 

銀行で円で行う定期預金等とは違って、途中解約が出来ず、期間満了まで待たなければなりません(ロックされるということですね)

とはいえ、基本的にはすぐに使わないお金で定期預金を行うので、全く問題ありません。

 

Bitcoin預金をすれば、年利5%以上に増える可能性が高い

Bitcoinは通貨の1つなので、円からすれば外貨の一つ。

なので、通貨安・高があり、円高・Bitcoin安の時にBitcoinに替えて、円安・Bitcoin高の時に円に戻すことで、為替差益を得られるようになります。

が、基準(円・ドルであれば、現在は100円辺りを境に円安・高と感じる)が無いので、どこが替え時なのかわかりません。

そこが、注意点と言えば注意点と言えるかもしれません。

 

とはいえ、右肩上がりで増加し続けるBitcoin価格なので、1年で5%の利率ですが、為替差益も合わせれば、円換算で10%にも20%にも50%にもなる可能性が大いにあります。

 

大勢がBitcoinに移行していくことで、ますます需要は高まる

仮に、Bitcoinの値段が以降は変動しないとしても、年利5%は十分に魅力的な数字です(しっかり資産運用をすれば、もっとたくさん増えますが)

さらに、Bitcoinの使用可能なお店やサービスはドンドン増えているため、Bitcoin払いが当たり前に出来るようになるとすると、円を全てBitcoinに替えてしまうのもアリな日が来るかもしれません。

Bitcoinで持っている方が、使い勝手が良く、定期預金の利率が遥かに良いとなれば、Bitcoinを使わない理由は無くなるので。

 

暗号通貨へのサービスが今後次々登場するか?

このサービス(Bitcoinの定期預金)が、”暗号通貨を使ったサービス”ではなく、暗号通貨自体に対するサービスの初めてのものになるのではと思います。

今後、暗号通貨へのサービスは、次々と出てくるのではないかと思います。

ATM、デビットカード(既にありますが、一般的になるのでは)、その他決済・・・と、法定通貨に対して存在する各種サービスが、暗号通貨に対しても行われるのではないかと思います。

 

※少なくても、トルコリラやブラジルレアルで定期預金をするくらいなら、絶対に、Bitcoinで定期預金ですね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*