2025年問題で貧困層になるほぼ全ての日本人。唯一の対策は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2025年があなたの人生を左右する一つのターニングポイントになる

「2025年問題」をご存知ですか?~「人口減少」「プア・ジャパニーズ急増」…9年後この国に起こることという記事がありました。

「これから10年間で、日本の人口は700万人減ります。15歳~64歳の生産年齢人口が7000万人まで落ち込む一方で、65歳以上の人口は3500万人を突破する。

2025年の日本は、団塊の世代が75歳を超えて後期高齢者となり、国民の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上という、人類が経験したことのない『超・超高齢社会』を迎える。これが『2025年問題』です」

上記のように、今後の日本が想定されています。さらに、以下のように続きます。

「現時点でも、軽度のものを含めれば、少なくとも820万人が認知症を患っているという厚労省のデータがあります。それに基づけば、2025年には今の1・5倍、1200万人以上が認知症になっていてもおかしくありません」

「これからの日本は、地方の人口は減ってゆきますが、大都市圏では人口はあまり減らず、同時に高齢者が激増します。首都圏では、高齢者人口はおよそ1000万人にも達するでしょう。おそらく2025年を待つまでもなく、あと数年で、首都圏の介護施設は足りなくなります。『介護クライシス』と懸念されている事態です。

誰にも介護してもらえず自宅で放置され、亡くなる人が急増する。『このまま東京にいたらまずい』と考え、地方に移住する高齢者も出るでしょう。しかし、移住できない大多数の人々は、厳しい状況に追い込まれる」

「年金をはじめとする社会保障費は、現在の約120兆円から、2025年には総額150兆円に増えると考えられます。

しかし、’14年に厚生労働省が行った将来予測は、『現役世代の賃金はこれから毎年上がり、10年後の保険料収入は40兆円に達する見込みだ。だから年金は破綻しない』といった、実態からかけ離れた仮定が満載で、明らかに『絵に描いた餅』でした。

現実的な値をもとに計算すると、遅くとも2030年代前半には、年金積立金は枯渇します。『所得代替率(現役時代の給料と年金支給額の比率)50%を死守する』という政府の目標も、おそらく叶わないでしょう」

このあと、どこまでも、こういった具体的な話が続くこの記事。

全ての現役世代が、一度は目を通し、考えるべきことだと思います。

 

目の前に迫っている大問題から目を背けてもどうにもならない

20年後、30年後、50年後・・・といった遠い未来のことを言っているわけではありません。

(この記事を書いている今は2017年なので)たった8年後のことです。

しかも、8年後に突然起こることではなく、8年後に向かって、毎年毎年、徐々にそこに近づいていくであろうことが実感出来ることです。

さらに、2025年で終わるわけではなく、その後もこれらの問題は年々大きくなっていくことです。

 

この記事を読んで、

「そんなことになるはずないし(笑)」

と思う人が、果たして一人でもいるでしょうか?

 

全くこの通りになるかどうかはわかりません。

でも、間違いなく、こういった方向に向かっていくであろうことは想像がつくはずです。

 

割合の増えていく高齢者に払う年金のためにと、あなたの財布から取られる年金保険料が年々増えていきます。その内、強制的に。

認知症の人が増えたからと、この15~20年で約2倍になった介護保険料が、更に更に増えていきます(しかも、介護保険料を払う対象が、現在の40歳以上から広がる可能性もあります)。

『足りないから』という一方的な理由で、取られていきます。逆らうことも抵抗することも許されません。

 

それをわかっていて、どうして、今までと同様に、働いて得られる給料だけで生活が出来ると思えるでしょうか?今と同じ生活水準を、2025年以降も維持出来ると思えるでしょうか?

 

本当に今の生活水準を維持したいのならば、することはただ一つ

今の生活水準を維持出来るのは、

  • 収入と支出が今と変わらない
  • 収入が増え支出が変わらない
  • 収入が変わらず支出が減る

のいずれかの場合のみです。

が、どう考えても、これからの日本は、上記のどれにも該当しません。とすると・・・

 

「収入を増やす」

 

その1点に尽きます。

 

支出を減らすのも確かに大事なことですが、支出を減らすことは早々に限界が来るので、効果的ではありません。

月の支出が20万円のところを10万円に減らすことは、極度の浪費ではない限り不可能だからです。

でも、月収20万円のところを30万円に増やすことは、非現実的ではありません。

現に、私(ブログ管理人:五十嵐)は、サラリーマン時代に実現させていました。そして、だからこそ、現在の生活があります。

 

月の収入を10万円増やすことは、特別なスキルや経験は必要ありません。

良い繋がりからの良い情報を得て、ほんの少しの行動力があれば、誰にでも実現可能です。

月の支出を10万円減らすよりも、1億倍は簡単なことです。

 

 

少しでも早く行動を始めた人ほど生き残る可能性が高くなる

もう既に、何年も前から、10年も前から、今後の日本について警鐘を鳴らしている人たちがいます。

その人たちは、先のことがハッキリと見えているからこそ、警鐘を鳴らし、行動をしています。

遠くに津波が来ていることが見えているからこそ、「(貧困の)津波が来ているぞー!」と皆に知らせているわけです。

が、いつまでも「あ、そう」と、右から左に抜けていっているほぼ全ての人たちは、これから来る津波に呑み込まれていきます。

 

東日本大震災で、地震・津波・原発がどれほど危険で恐ろしいものかを嫌という程経験したにも関わらず、同じことを、次はお金の面で繰り返すことになります。

今度は、東北地方といった一部の地域限定で起こることではなく、日本全国で起こることです。全ての人に例外なく起こることです。

だからこそ、少しでも早い対策と行動が必要なのですが・・・

 

これからの日本では、お金を増やす行動をした人しか生き残れないと言っても過言ではありません。

そこで、あなたはどうしますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*