相続や保険金で得たお金を失う人がほとんど。問題点と解決方法はシンプル

3000万円以上の生命保険金を得た人の3分の2が「溶かして」しまう不幸

3分の1の方はその後のことを考え、保険金を計画的に使っていましたが、

残る3分の2の方は大金を手にして金銭感覚がおかしくなってしまい、保険金を“溶かして”しまっていました。

同様の記事で、こんなものもありました。

相続や保険金で大金を手にした人の8割が人生を狂わせる理由

 

お金に限らず、器以上のものを手に入れてしまうと、それに振り回されて、潰れてしまうのでしょう。

続きを読む

年金支給開始年齢の引き上げに抗議するロシア。人生を国に委ねたくなければ

モスクワで大規模デモ、年金支給年齢の引き上げに抗議

ロシア政府は年金受給者の増加にともなう制度の破綻(はたん)を防ぐためとして、

支給開始年齢を男性は現行の60歳から65歳に、女性は55歳から63歳に引き上げる改革案を示している。

ロシアでは、年金支給開始年齢の引き上げに対する抗議が起こるわけですね。

60歳から貰えると思っていたら65歳までお預け・・・なんて、年金を当てにしていた人にしてみれば、

ショック以外の何者でもありませんよね。

続きを読む

投資はお金持ちのものではなく一般人が資産を作っていくためのもの。その理由は

なぜ、お金が減るかもしれないのに 投資する必要があるの?

投資ってなんだ!?と聞かれれば、引退後に『潤いのあるくらし』を送りたいから、と答えます。

なぜなら、“普通に生きる”ことの中に、“投資”が組み込まれていることが正しいと思うからです。

 

でも、今の平均的日本人の普通の生活には、投資をすること、

いわゆる引退後に『潤いのあるくらし』を送ることが、脇の方に追いやられているようなのです。

全くその通りですね。

理想の生活・人生を実現させるために必要な手段。それが、投資です。

続きを読む

円預金は貧困への道。銀行に貯金する人は資産を失いたい人。対策は

日本円での貯金はもはや自殺行為。必ず来るインフレが「老人の国」日本を殺す

日本も資本主義の中で生きている以上、必ずインフレの波に襲われる

また、少子高齢化で労働人口が消えている。それに起因して企業のイノベーションを生み出す力が減り、
内需も衰え、国際間の競争力も失っていく。

こうした現状が変えられないのであれば、日本という国の価値の減少につながり、
円の価値も消え、円安になっていく。

円安になれば、エネルギーと食料を輸入に頼っている日本では必ずインフレになる
インフレは日銀の量的緩和が成功するかしないかに関わらず、必ずやってくる。

労働人口が経済成長に大きな影響を与えるということが今後も続いていくのだとすれば、日本の経済成長は鈍化する。

なので、(例えば)経済成長著しい東南アジア諸国の通貨に対して、円は弱くなる。

であれば、円は価値を下げ、1本150円のペットボトルが、160円、180円、200円と値上がりすることになり・・・

円で預金をしていると、買えるものがドンドン減っていくということ。

 

さらに・・・

続きを読む